満足いくリフォーム計画

>

工事が始まるまでと工事中

工事前

リフォームの契約をしてからすぐに工事が開始されないのには理由があります。
それは業者側の準備に時間が必要だからです。
業者側でも工事の段取りの打ち合わせを行いますし、リフォームに使うものの準備を行います。

リフォームプランである程度材質などを決めていても、最終確認で実物を見ておくことも大切です。
工事が始まってからの変更は難しいですし、変更ができても工事が長引く原因にもなります。

また、例えばキッチンで新しいシステムキッチンに入れ替える時には、メーカーからの取り寄せが必要です。
また、オーダーメイドでする時も材料の手配も必要です。

こうした準備に時間をかけておくことで、満足のいくリフォームに近づけることができます。

工事中

新築ならば組み立てだけ、建て替えでも全部を崩してから建てるだけですが、リフォームとなるとそうはいきません。
リフォームでは少し崩しては作るの繰り返しとなります。
一気に崩せない分時間がかかります。

また住みながらリフォームをする場合は、引っ越ししてリフォームをする時よりも時間がかかることもあります。
例えば、お風呂だけのリフォームだから仮住まいの準備はいらないと住みながらのリフォームを選んだとします。
しかし、資材の置き場や車の置き場の関係で、家族が住んでいることで工事に支障がでることもあります。

そういったことも業者に確認し、できる限り早くリフォームをしたいという方は特にどうするのが一番かをきくとよいでしょう。


この記事をシェアする